少しレトロな雰囲気を持つ、アドベンチャーバイク用のグローブ。

 もともとの憧れは、1980年代に国内のオフロードシーンで名をはせた、北欧ブランドのグローブ。この頃のグローブは、シンプルながらも使いやすく、それでいて格好良かった記憶があります。当時のロードバイクの路線とは一風異なる、ヨーロッパのテイストが日本に持ち込まれていたのです。

 そして2022年の今、オフロードバイクは大型化し、アドベンチャーバイクとして一つのジャンルを築きました。BMWのGSを筆頭に、アフリカツインやテネレなどといった、一つのカテゴリーとして、全世界で人気車種になっています。あのハーレーも、アドベンチャーバイクを出しましたしね。

 そんなバイクに乗るユーザーの手を見てみると、たいていの方が、ロードバイク用のゴツゴツとしたグローブか、手の甲にナイロン、平に合成皮革を使う、モトクロス風の公道では何とも安全性に心許ないグローブを使われる方が多いように感じます。

 今のアドベンチャーバイクに似合うデザイン、操作に適したパターンを使い、安全性も必要にして十分な100%鹿革のグローブを作りました。機能優先ながらもデザイン的には、多感な少年時代をともに過ごしたヨーロッパのグローブをイメージしています。



指先は、革を二重にしています。ハネ石やブッシュなどから、
指先〜拳を守ります。このグローブのデザイン上のアイコンです。


新しい試みとして、親指の甲の革が、グローブの裾まで伸びるパターンを
用いました。これにより手の脱着がスムーズになり、手の肉厚が厚い方も
装着感が優しくなりました。



指の構成は、箱型(BOX型)と言われる、甲・平・両側面で作られる
パーツで袋になっています。手の平だけゲージ(外縫い)で、操作面の
当たりがとても優しくなっています。オフロードバイクのユーザーに多い、
小指に力を入れて、ハンドルを握る方に向けてパターンを設計しています。





 品番 ADVグローブ
 素材  ニュージーランド産鹿革
 サイズ  M・L・LL
 カラー  アイボリー/ネイビー ブラック/キャメル
 価格 

16.500円(税込18.150円)



お買い物はこちらへどうぞ



< index