日本のミルスペック生地を使ったバックパック

 アメリカの国防総省が、調達する装備品の耐久性能を示した基準である「ミルスペック」規格。その規格に通ったものは、非常にヘビーデューティーで、破損や故障といったイメージとは程遠い物に仕上がっています。

 もちろん自衛隊にも、同様の基準があり、隊員が使う入れ物やバッグには、厳しい規格を通った物が使われています。今回バッグパックに使った六号帆布は、防水のためのパラフィン(ろうを染み込ませた)加工をしており、非常に硬く頑丈な生地になっています。

 こちらの生地、基本的にはこのOD色(オリーブ)しか用意されていません。それは民生用に使われることを考えていない、自衛隊専用だから・・・。通常の帆布とは異なり、ホンモノの皆さんの要求に応えた生地なんです。

 しかし・・・六号帆布といえども、パラフィン加工が強力で、恐ろしく硬い板のような生地になっています。数ある屋島工房で使ってきた素材の中でも、これほど縫製・加工に向いていない素材は無いでしょう。

 バッグは、裏から縫ってひっくり返すという工程が多いのですが、その過程で指先の皮がむけそうになりました。それほどの悪戦苦闘の結果、新しいバッグがようやく生まれたのです。

2019.3.17追記 発売からたった4時間で完売しました。
現在再生産の予定はありませんm(__)m。


生地は六号パラフィン加工。擦れると白くなるのが特徴です。

上部は大きなフラップ状になっていて、ナスカンで閉じるようになっています。マチのついたポケットも2個あり、エルクレザーで止めるようになっています。

内部には、本体と同型のサイズのポケットを設けています。容量はかなり大きく、A4のファイルなら縦でも横でも数冊入るサイズになっています。

背部にも大型のポケットを設けていて、同じ帆布を縫い合わせたショルダーベルトを作っています。強度の必要な部分はエルクレザーを使いました。

ファスナーはYKKの#10を使用しました。アパレルやバッグではほとんど使われることのない極太ファスナーです。


約1ヶ月、毎日使い込んだ結果です。エルクは飴色になり、
帆布は、柔らかくなっています。ところどころ擦れて白っぽくなりますが、
それがこのバッグの味わいどころ。良い感じに育っています。







 品番 6号パラフィン限定バッグパック
 素材  素材:六号帆布パラフィン加工(綿)
フィンランドエルク
 サイズ  サイズ:横34cm 縦34cm マチ10cm
 カラー  OD色(オリーブ)
 価格 

30.000円(税別)



お買い物はこちらへどうぞ



< index