日本のミルスペック生地を使った二つ折れトートパック

 アメリカの国防総省が、調達する装備品の耐久性能を示した基準である「ミルスペック」規格。その規格に通ったものは、非常にヘビーデューティーで、破損や故障といったイメージとは程遠い物に仕上がっています。

 もちろん自衛隊にも、同様の基準があり、隊員が使う入れ物やバッグには、厳しい規格を通った物が使われています。今回バッグパックに使った六号帆布は、防水のためのパラフィン(ろうを染み込ませた)加工をしており、非常に硬く頑丈な生地になっています。

 こちらの生地、基本的にはこのOD色(オリーブ)とあと1色しか用意されていません。それは民生用に使われることを考えていない、自衛隊専用だから・・・。通常の帆布とは異なり、ホンモノの皆さんの要求に応えた生地なんです。

 しかし・・・六号帆布といえども、パラフィン加工が強力で、恐ろしく硬い板のような生地になっています。数ある屋島工房で使ってきた素材の中でも、これほど縫製・加工に向いていない素材は無いでしょう。

 今回は、その六号パラフィン(いわゆるバッグ縫製に向いていない生地)を使ってトートバッグを作りました。でも普通のトートを作るのじゃ面白く無い。
 上部を折り返すフォールディングタイプとし、ポケットには六号パラフィン生地と相性の良い茶色のオイルドレザーを奢りました。生地も革も傷やシワが入り、使い込んで味が出るようになっています。新品がベストじゃなくて、どんどん使って、自分なりの表情を出して欲しいアイテムです。


生地は六号パラフィン加工。擦れると少し白くなるのが特徴です。

上部は大きく折り返すようになっていて、ナスカンで閉じるようになっています。ベルトループにもオイルドレザーをアイコンとして使いました。

背面には、オイルドレザーを使った取っ手とDカンを2個付けています。ショルダーも付属しておりますので、肩掛けとしても使えます。

正面ポケットには、ブーツやカバンで用いられるオイルドレザー(牛革)を使い、トートバッグの顔としています。ポケット上部にも革によるパイピング加工をしています。


上部を折りたたんで使うフォールディングタイプとしました。
容量は折りたたむ位置による可変式となっています。


Youtubeで商品紹介をしています。ご参考までに。






 品番 6号パラフィン・フォールディングレザートート
 素材  六号帆布パラフィン加工(綿)
オイルドレザー(牛革)
内張り 11号帆布
 サイズ  横37cm 縦37cm マチ10cm
 カラー  OD色(オリーブ)
 価格 

18.000円(税別)



お買い物はこちらへどうぞ



< index