ワイルドかつ極厚のフィンランド・エルクを使ったグローブ

 甲側に使われたのは、これまでグローブに用いられることのほとんど無かった、フィンランド・エルクを使ったグローブ。
 フィンランド・エルクとは、北欧を中心に生息する「ヘラジカ」の仲間。アメリカ大陸で「エルク」と呼ばれるものとは違い、高級バッグや財布などの小物に使われる革です


 ゴツゴツとした荒っぽいシボを表面に持つのが特徴で、しかも厚さは3.5mm〜4.0mmといった、通常グローブでは絶対に使われない、極厚の物を採用しています(牛革の場合、通常1.4mm以下です)。

 通常の二倍近い厚みがあり、普通こういう革を使うと、指の曲げ伸ばしが硬くなり、操作性に影響するのですが、フィンランド・エルクは、とてもしなやかで柔らかく、ソフトなグローブに仕立てることができました。しかも、柔らかいだけじゃなくて、その厚みゆえ、手を守るプロテクション効果や、保温性も秀逸。

 生きていた頃の傷など(強度に影響の無い物)をあえて折り込み、同じ物が二つとないざっくりとした革の風合いも魅力です。

 使いやすいショートモデルに加え、袖口までも覆うセミロングモデル・ウインターグローブも加わりました。手を入れてみて初めて分かるその独特な感触・・・ぜひお試しください。


※2012年モデルから、ヘリ革(いちばん袖口のパイピングをしている革)が鹿の床革→通常の鹿革に変更となりました(写真は床革仕様です)。


平側には、柔らかさと床(裏の毛部分)の優しさが自慢のニュージーランド産鹿革を採用。不必要なデザイン的要素を廃し、素材の良さを感じてもらう・・・そんなグローブに仕立てました。

これはマウスパッドか・・・と思わせるほど厚いエルクを使いました。厚さは普通グローブで使う革の2倍以上。それでも柔らかいグローブになっているのが魅力です。

フィンランドエルクは野生で、体中が傷だらけ。傷が無いところをよけてグローブを作るのは困難です。左の大きな傷は使わなくとも、矢印の治り傷(生きているときについた傷)や小さな斑点などは、積極的に使っていきます。






 品番 エルク屋島セミロング
 素材 
甲 フィンランド・エルク(ヘラジカ)
平 ニュージーランド・ディア
 サイズ  S・M・L・LL
 カラー  ブラウン
 価格 

16000円(税別)





 品番 エルク屋島ショート
 素材
甲 フィンランド・エルク(ヘラジカ)
平 ニュージーランド・ディア
 サイズ S・M・L・LL
 カラー ブラウン
 価格

15000円(税別)





 品番 エルク屋島ウインター
 素材
甲 フィンランド・エルク(ヘラジカ)
平 ニュージーランド・ディア

ウレタンスポンジインナー+サイトスフィルム
 サイズ M・L・LL(Sは受注生産)
 カラー ブラウン
 価格

18000円(税別)

エルク屋島ウインターは冬季のみの販売です。


エルクのブラックが新登場しました。


お買い物はこちらへどうぞ



< index